職業としてのマジシャン

リフォームのなぞと紹介 > 注目 > 職業としてのマジシャン

職業としてのマジシャン

2015年7月23日(木曜日) テーマ:

マジシャンをやってる友人にマジシャンの職業について色々尋ねてみた。

一般的には、尊敬するマジシャンに弟子入りし、アシスタントをしながらマジックを覚えたり、

プロダクションに所属して、マジックショーなどの依頼を取ったりするらしい。

プロになれば1回のショーだけでも数百万という高収入になれるらしいが、

マジシャンとしてだけで生計が立てられているのは数百人程度らしい。

友人もやはりアルバイトと掛け持ちでなかなかそれだけで食べていくには辛いと言っていた。

だが、最近は結婚式やパーティ会場などにマジシャンを派遣するという、

マジシャンの出張サービスみたいなのをするようになったらしく、それのお陰で

以前よりは仕事が増えたようだ。夢を仕事にするのは難しいことだがこれからも友人には頑張ってもらいたいものだ。

 

世界で活躍するマジシャン藤本さん



関連記事

男の浮気|客観的に見て間違いのない証拠を入手するためには...。

男の浮気|客観的に見て間違いのない証拠を入手するためには...。

2016年10月 6日(木曜日)

マイナンバーが企業に当たる影響

マイナンバーが企業に当たる影響

2015年7月25日(土曜日)

職業としてのマジシャン

職業としてのマジシャン

2015年7月23日(木曜日)

プロポーズにサプライズを考えるなら

プロポーズにサプライズを考えるなら

2015年6月23日(火曜日)

リノベーションを考えてみる

リノベーションを考えてみる

2015年6月18日(木曜日)